沿革HISTORY

1925年
(大正14年)
大成セルロイド株式会社として東京都日本橋区(現中央区)に創立。
1928年
(昭和 3年)
セルロイド工場を葛飾上平井に建設。(1967年セルロイド製造中止)
1934年
(昭和 9年)
社名を大成化工株式会社に改称。
1959年
(昭和34年)
カラーチップ(高級加工顔料)の製造を開始。
1960年
(昭和35年)
アクリット(アクリル樹脂)の製造を開始。
1962年
(昭和37年)
資本金を4,500万円へ増資。
1971年
(昭和46年)
ボウリングピン工場を千葉県野田市に建設。(1974年製造中止)
1979年
(昭和54年)
総合研究所を開設。
1982年
(昭和57年)
コーティング材製造工場を千葉県成田市に建設。
1987年
(昭和62年)
本社屋建設。
1991年
(平成 3年)
アクリル樹脂工場を千葉県旭市に建設。
1997年
(平成 9年)
千葉県香取郡干潟町に工業用地25,000㎡取得。
2001年
(平成13年)
機能商品事業を分社し、大成イーアンドエル株式会社として営業開始。
2004年
(平成16年)
樹脂事業を分社し、大成ファインケミカル株式会社として営業開始。
2016年
(平成28年)
大成ファインケミカル株式会社に機能商品事業の株式会社大成イーアンドエルを吸収合併。
カラーチップ(固形分散体)の製造・販売終了
2017年
(平成29年)
分散・コーティング事業を分社し、新会社大成化工株式会社(本店 千葉県成田市新泉12)として営業開始。
社名を大成ホールディングス会社に改称、ホールディングカンパニー体制へ移行。